温泉

温泉

アルカリ性の温泉が肌をしっとりとすべすべに保ち、
硫黄成分が紫外線から肌を守ってくれます。

 

湧出量豊かな原鶴温泉は、ph8前後からの弱アルカリ性の単純温泉とph8.5以上のアルカリ性単純温泉、そして単純硫黄線の主に3種類の泉質があります。そのためダブル美肌の湯として人気の温泉です。

お湯が柔らかく、しっとりとした湯上り。
肌に優しく染み入る湯浴みをお楽しみください。


 

原鶴温泉の特徴

弱アルカリ性単純温泉

アルカリ性の温泉は、石鹸と同じ役割を果たすため、皮膚表面の古い角質をふやけさせて落としやすくし、肌をしっとりすべすべに保ってくれます。また、保湿効果の高い重曹成分も含まれており、綺麗になった肌を更に優しく保ちます。

単純硫黄泉

硫黄泉は古い角質を落とし、余分な皮脂を取り除いてくれます。また、角質層に含まれるシミの原因メラニンも落とすとされ、しみが薄くなったり、肌が白くなったように感じられます。硫黄成分は日に当たると皮膚に薄い膜をつくり、紫外線から肌を守ってくれます。

●浴用の適応症

慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、高血圧症、動脈硬化症、神経痛筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき 慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期
 

浴室の種類

男湯
女湯
貸切湯